加古川アップル歯科HOME > ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク

こんにちは! 院長の粟谷です。 皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか? 私は実家のある滋賀県に帰省していました! 滋賀県といえば、なんでしょうか? ・・・ 琵琶湖ですよね?笑 IMG_0661 これは賤ヶ岳(しずがたけ)からの琵琶湖です。 きれいですね〜。 天気が良かったので、気持ちが良かったです! 賤ヶ岳といえば「賤ヶ岳の戦い」です。 天正11年(1583年)に賤ヶ岳付近で行われた羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と柴田勝家との戦いです。 歴史に詳しい方はご存知かもしれませんが、少し説明をします。 天正10年(1582年)天下統一を進めていた織田信長は明智光秀が起こした本能寺の変で、その生涯を閉じました。 信長の訃報を知り、すぐに駆け付け山崎の合戦で光秀を討ったのは、織田家の筆頭家老の柴田勝家ではなく、羽柴秀吉でした。 そして信長の後継者問題が持ち上がります。 信長の三男・信孝を推す勝家に対して、信長の長男・信忠の長男でわずか3歳の三法師丸を跡目につけ、リーダーシップを握りはじめる秀吉。 必然と対立していく二人は、ついに「賤ヶ岳合戦」へと発展していきます。 織田勢力を二分する激しい戦いとなり、秀吉はこの戦いに勝利することによって織田信長の作り上げた権力と体制の継承者となることを決定づけました。 秀吉がこの戦いに勝利したエピソードもおもしろいです。 今話題の黒田官兵衛もこの戦いに関わっています。 天正11年(1583)柴田勝家は北の庄城から木ノ芽峠を敦賀に出て、刀根越えで柳ヶ瀬に入ります。 そして内中尾山に本陣(玄蕃尾城)を築き、行市山から林谷山への尾根に砦を築きました。 秀吉は余呉湖を囲む形に砦を配置し、木ノ本・田上山に本陣を置きました。 互いのにらみ合いが続き、動き出したのは岐阜にいた信孝で、これを討つために秀吉が岐阜に向かいました。 このすきに勝家の甥・佐久間盛政は大岩山・岩崎山を陥落させます。 盛政は「大岩山陥落後は直ちに陣地へ退く」という勝家のいいつけを聞かず、さらに敵の懐深く、賤ヶ岳へと進んでしまいます。 岐阜の秀吉が戻るには時間がかかるとよんでいた盛政でしたが、秀吉はすぐに引き返し、油断している盛政に総攻撃をかけます。 世にいう「秀吉の大返し」です。 この勢いに勝家軍は壊滅してしまいました。 勝家の本陣にまで秀吉軍が進めます。ここにいたのは、勝家の身代わりとなった毛受勝助。 その隙に、勝家は北の庄へと帰城しました。 しかし、すでに勝家軍は壊滅しており、追ってきた秀吉の追撃に破れます。 勝家は妻のお市の方とともに自害して果てるのです。 こうして、信長に次いで天下の覇者となる道は秀吉の前に開けたのです。 秀吉方で功名をあげた兵のうち以下の7人は後世に賤ヶ岳の七本槍と呼ばれています。 スクリーンショット 2015-05-06 14.23.58 福島正則(1561年 – 1624年) 加藤清正(1562年 – 1611年) 加藤嘉明(1563年 – 1631年) 脇坂安治(1554年 – 1626年) 平野長泰(1559年 – 1628年) 糟屋武則(1562年 – 1607年) 片桐且元(1556年 – 1615年) スクリーンショット 2015-05-06 14.22.20     tm27ky   七本鎗というお酒がありますが、非常においしいです! この賤ヶ岳では多くの人が合戦で命を落とし、湖が血で赤く染まるほどだったと言います。 夜は幽霊が出ると有名なので、皆さん観光で来られる時は気をつけて下さい! では、良いゴールデンウィークを!

明石アップル歯科イベントのお知らせ アップルクリスマスパーティ2016 加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の診療時間

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00
休診日
日曜日
所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
急患・新患受け入れ可能

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶 加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 明石院のご案内 グループ医院 歯科 明石 明石アップル歯科 明石でも世界水準の治療を

明石市大久保町高丘3-3-1
TEL 0120-952-118

三宮院のご案内 グループ医院 歯科 神戸 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
TEL 078-200-6802

加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報 歯科衛生士復職プログラム 奨学金制度のご案内

このページのトップへ