今後の歯と身体の健康を考える方のノンメタル治療

A.F様 30代 女性

歯ぐきの腫れと、全体的なチェックを希望され、ご来院された患者様です。今後定期的に通える歯科を探して当院にお越しくださいました。ご要望は保険内での治療をご希望でしたが、今後自分の歯を長く保ちたいとのことでしたので、二次カリエスのリスクのお話をさせて頂いたところ、銀歯のやりかえをご希望されました。

Before

After

保険で使用する銀歯は、短期間で応急的にむし歯の治療・補綴が保険を利用して治療出来るというメリットがある反面、二次カリエスのリスクが高く、歯科医院で行われているむし歯治療の多くがこの銀歯の二次カリエス治療です。 もちろん、保険で再治療も可能ですが、「むし歯のサイクルを止め、自分の歯を健康に長く保ちたい」というご要望には、自由診療の補綴の方が適切となってきます。 また、今回の患者様は、金属を使用しない「ノンメタル(メタルフリー)」治療を行っています。金属は溶け出して身体に悪影響(アレルギー等)を与えたり、その硬さから咬み合う歯を破壊する可能性もあります。ノンメタル治療は、見た目の美しさも去ることながら、身体的な側面でも健康的な治療といえます。

  • Before

    before
    after
  • After

    after
    after
  • 最終、全ての歯が白い補綴(詰め物や被せ物)になり、とてもキレイな口腔内になりました。「今後通える歯科を探していた」とお考えになるくらい歯科に対する意識の高い患者様ですから、今後はこの健康な口腔内の環境を守っていくお手伝いさせて頂きます。

    ノンメタル(メタルフリー)治療は、金属アレルギーや味覚障害、ガルバニック電流の抑制に効果が認められるとも言われています。しかしそれは患者様毎により効果は異なりますのでそれを引き合いに出すことは容易にできませんが、リスクを減らすという観点、全身・お口の健康を守るという観点から考えると、たいへん優れた治療と言えます。更に審美的な回復も見込まれ、クオリティ・オブ・ライフを考えた上でも効果の高い治療であると思います。 お口の中の金属が気になる方や、繰り返すむし歯のサイクルを止めたいという方、ぜひ一度検診やご相談にお越し下さい。



    カテゴリー:症例

    30代女性、歯根破折による抜歯後のインプラント治療

    A.F様 30代 女性

    他院で治療中の歯の周りの歯ぐきが腫れてきたということでご相談に来られました。レントゲンで確認したところ歯根破折という、歯の根にヒビが入って状態でした。歯根破折は、根の治療を繰り返したり歯ぎしりや食いしばりによって起こる症状で、治療は困難な状態です。こちらの患者様もやむを得ず抜歯という選択肢になってしまいましたが、抜歯後の欠損補綴治療として選ばれたのが、インプラント治療です。

    Before

    before

    After

    after

    アップル歯科では、欠損補綴(歯を抜いた後の治療)において、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類を説明しています。インプラントというと比較的年配の方が利用するイメージですが、若い方にとっても、他の歯も削らず長期予後の見込める治療法として、「見た目」「使用感」を考えた上で選ばれるケースは非常に高くなってきています。

  • Before

    before
  • After

    after
  • 最終の歯(セラミック)に合わせ、他の歯の詰め物もすべて白いものにやり替え、健康的な口腔内環境を取り戻すことが出来ました。ご本人様も、インプラントの使用感にご満足頂き、大変お喜びなられていました。 臼歯部(奥歯)は、特に咬み合わせ上重要な役割を担っているため、ご相談にお越しいただけてよかったと思います。 今後はインプラントもご自身の健康な歯も、この先長く使えるようメインテナンスで診させて頂ければと思います。

    何度も歯の根の治療を繰り返し「歯ぐきが腫れてきた」「歯の根が痛い」とお感じになられましたら、お気軽にご相談下さい。



    カテゴリー:症例

    正中離開(前歯のすきっ歯)のラミネートベニア

    Y.B様 20代 女性

    過去に矯正治療をされたそうですが、前歯に隙間があいていることを気にされてお越しになられた患者様です。再矯正での治療も考えられたそうですが、もう一度矯正装置を着けることに抵抗を感じておられ、別の方法がないかご相談に来られました。

    Before

    before

    一度目の矯正によりキレイに並べる事が最前ですが、矯正には後戻りと言って、きちんと保定しなければ徐々に歯並びが崩れてくる事もありますので、致し方ない場合もあります。

    Process

    process

    Process

    process

    After

    after

    今回、ご提案させていただいたのは、パーシャルラミネートベニアという付け爪のようなセラミック治療です。ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削り、付け爪のようなセラミックを天然に貼り合わせることにより審美滴な改善を行う治療法ですが、パーシャルラミネートベニアは更に部分的なラミネートベニアで、ほとんど自身の歯を削ることなく治療することが可能です。

  • Before

    before
  • After

    after
  • 正中離開(すきっ歯)の治療はできれば矯正が好ましいですが、患者様によっては時間がなかったり、今回のように再矯正という手間や費用に難色を示される場合もあります。しかしながら審美的なお悩みは、年齢や女性である事も考えると、精神衛生上良いものではありません。最良の選択肢は矯正治療かもしれませんが、今回の治療において最善の結果は得られたと思います。

    クラウン(被せ物)での治療は歯を大きく削りますが、パーシャルラミネートベニアは天然歯をほとんど削らない治療ですので、お口の健康を考えた上でもメリットの多い治療です。すきっ歯で悩んでいるけど、何らかの理由で矯正治療ができない方、一度ご相談にお越しください。様々な治療法から最善の治療法を一緒に探していきましょう。



    カテゴリー:症例

    外傷部位のコンポジットレジン修復とセラミック審美補綴

    M.S様 20代 女性

    歯をぶつけて欠けてしまったとういことでお越しになられた患者様です。最初は保険内で治療を望まれたおられましたが、カウンセリングを受診されてからキレイに治されたいという気持ちになられ、審美的な修復を望まれました。

    Before

    before

    Process

    process

    After

    after

    向かって右の歯がクラウン、左の歯がぶつけて欠けた所をダイレクトボンディングによる治療です。ダイレクトボンディグとは、コンポジットレジンというプラスチックのような素材を歯に詰めていく治療法です。 自由診療によるコンポジットレジンは素材もかなり進化していますので、色や形を歯に合わせながら短時間での治療が可能です。

    Before

    After

    before
    after

    最終的にはクラウン・ダイレクトボンディングのどちらの歯も自然でキレイな歯になり、患者様にも満足頂くことが出来ました。

    カウンセリングは特に自由診療を薦めるものではありません。しかし、こちらの患者様においては「これ以上悪くなりたくない」というご要望がありましたので、二次カリエスのリスクや清掃性のお話をさせて頂いた結果として自由診療を選ばれた形になります。カウンセリングは、患者様の要望を満たすために行っていますので、もちろん保険診療内での治療を希望される患者様にはご要望に応じた治療が可能です。それを踏まえた上で、「話は聞いてみたい」「やるかどうかは別にして一番良い方法を提案してもらいたい」というご希望がありましたが、カウンセリングをご受診頂ければと思います。



    カテゴリー:症例

    下顎のラミネートベニアによる審美回復

    Y.Y様 50代 女性

    下顎の前歯が痛むということでご来院された患者様です。検査の結果空隙(隙間)のプラークコントロール不足による歯周病が原因でした。空隙歯列の特徴の一つとして上げられるのが歯周病のリスクが高いことで、隙間が多いために歯に食べかすがたまりやすく、歯周病になりやすいことがあります。カウンセリングの結果、歯周病と虫歯の治療に加えて、空隙歯列の改善を望まれました。

    Before

    before

    空隙歯列の治療法として矯正治療と補綴治療が考えられます。補綴治療でも軽度であればラミネート、重度であれば被せ物になりますが、歯科医師としては極力健康な歯を削るのは本位ではないため、出来る限り歯を削らない治療を検討していきます。 今回の場合、補綴治療でも歯を削る量が少なくすむ、ラミネートベニアによる治療計画を立てていきました。

    Process

    after

    After

    after

    ラミネートベニアは、審美的な改善のために使用されることの多い治療法のため、上顎の前歯の治療に多く使われる治療法です。しかし、空隙歯列の治療に関しては、歯の隙間を埋めるという役割を担いながら審美的な改善も兼ねたコストパフォーマンスの高い治療になりえたと思います。

    Before

    After

    before
    after

    最終的には4本のラミネートベニアで綺麗に空隙が埋まりました。今回の治療で患者様の歯科に対する意識が高くなり、日に日にプラークのセルフコントロールが上手になって行かれる姿にこちらが関心させられました。 今後は一緒にこの現在のキレイな口腔内環境を一緒に保っていけるよう、末永く歯のホームドクターとしてお付き合いできればと思います。



    カテゴリー:症例


    加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

    診療カレンダー

    診療時間
    月・火・木・金:9:30~19:00
    水:9:30~13:00
    土:9:30~17:00
    休診日
    日曜日
    所在地
    加古川市平岡町土山909-33
    電話番号
    078-942-4185(ヨイハGO!)
    ※完全予約制

    加古川市と加古川アップル歯科
    院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶 加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 明石院のご案内 グループ医院 歯科 明石 明石アップル歯科 明石でも世界水準の治療を

    明石市大久保町高丘3-3-1
    TEL 0120-952-118

    三宮院のご案内 グループ医院 歯科 神戸 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

    神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
    TEL 078-200-6802

    各医院直近の予約状況

    加古川アップル歯科

    予約率95%
    取りにくい状態です

    DR【4名】 診療台【6台】空き枠5%

    明石アップル歯科

    予約率80%
    取りやすい状態です

    DR【6名】 診療台【11台】空き枠20%

    三宮アップル歯科

    予約率85%
    やや取りやすい状態です

    DR【2名】 診療台【3台】空き枠15%

    加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報
    このページのトップへ