小児歯科

加古川アップル歯科の小児歯科

小児歯科

お子様の歯が気になる方

歯並びや将来的に丈夫な歯になるかどうかは、お子様の時期の歯の手入れや治療、予防によって決まってきます。ですから加古川アップル歯科では「仲良し治療」をコンセプトとして、お子様一人ひとりのペースに合わせて治療を行心がけています。そして、将来的に健康で美しいお口元になれるよう、「予防」に力を入れています。 お子様の治療、予防にとって一番大切なのは親御様のご協力です。お子様の場合、ほとんどが小さい頃は歯磨きを嫌がり、 ある程度大きくなってくると面倒くさくなることが多いです。 ですから、子供の歯(乳歯)の時期にしっかりお口の中を清潔に保ち、将来的に健康な歯を育てられるのは、歯科医院だけでなく親御様のお力が必要となります。 加古川アップル歯科では歯磨き指導と「仲良し治療」で、歯磨きや歯医者さんが嫌にならないようお手伝いさせていただきますので、親御様のみなさんもお子様の歯を一緒に守り、育てていきましょう。


アップル歯科の仲良し治療

加古川アップル歯科では、お子様が『歯医者嫌い』にならないように、小児歯科治療にあたっては以下のことに注意しております。

  • ◎ お子様が嫌がっているときは治療を行いません。
  • ◎ お子様の成長に伴い、むし歯等があれば無理のない治療を行っていきます。
  • ◎ お子様とのコミュニケーションを重視し、初日は歯を抜いたり削ったりはいたししません。
  • ◎ むし歯を治す事も大切ですが、むし歯にならないことを第一に考えていきます。
お子様の治療の流れ

加古川アップル歯科の小児歯科治療の流れ

  • 1.お子様とお母様(お父様)からお話をお伺いします。(お子様とのコミュニケーションを図ります)
  • 2.お子様担当の歯科衛生士がお子様が楽しくなるように歯磨きを練習し、楽しくなった頃にフッ素を塗ります。
  • 3.歯科用の機械を電車うあ掃除機などに例え、見たり触ったりすることで怖くないものと認識してもらいます。
  • 4.定期的にフッ素を塗布してむし歯を要望し、同時にむし歯もチェックしていきます。
  • 5.歯が生え揃ってくれば成長に応じて歯並びのチェックも行ないます。

3歳までのお子様の歯

3歳までのお子様の歯

乳歯について_

赤ちゃんのいちばん最初の歯(乳歯)が頭を出すのは生後6ヶ月ごろからで、一般的には下の歯から生え始めます。そしておよそ2歳くらいまでに上下あわせて20本生えそろいます。乳歯を使う期間はこの頃から12歳ぐらいまと約10年前後と短い、その間に乳歯が果たす役割は重要です。 「食べ物を噛む」という歯の本来の役割はもちろんですが、実は「永久歯が正しく生えるための案内役」という大役を担っているのです。乳歯どうせ抜けるからと、虫歯を放置したりお口の中を不潔にしていると大変な事になります。乳歯を健康に保つことが、お子様が今後一生使うであろう永久歯を丈夫で長持ちするために、とても重要なことなのです。

赤ちゃんの歯

赤ちゃん(生後6ヶ月~1歳半頃)のお口のケア

赤ちゃんは生後半年前後になると、前歯が生え始めます。(中には生後間もなく生えている子もいます)はえてきた歯のお手入れは、赤ちゃんが嫌がるためにお母さんやお父さんの頭を悩ますことも多いようです。ですから生え始めのこの頃は歯を磨くことよりも、お口を開けたり歯ブラシの感触になれることを目指して、遊び感覚でお口のケアを始めましょう。お子様本人にも乳児用の歯ブラシを持たせり、食後に歯みがきタイムを作ることで、お子様に歯磨きの習慣を覚えされる事が大切です。 汚れに関しては、ぬるま湯で湿らせたガーゼや清潔な布などで、お子様が嫌がらないようにさっとふき取ってあげて下さい。


3歳までのむし歯予防

むし歯予防

お口の中を清潔に保ちましょう

この頃から1日最低2回の歯磨きを心がけて下さい。最後はお母さん(お父さん)が仕上げ磨きをしてあげましょう。 むし歯は寝ている間に作られることが多いので、夕食後の仕上げ歯磨きは念入りに磨いてあげましょう。

食事(離乳食)のときのご注意

むし歯や歯周病菌は感染するものです。お母さんやお父さんの口から、赤ちゃんの口にスプーンなどを介してむし歯菌や歯周病菌が移り、お口の中が不衛生になったりむし歯になることがあります。 お母さんやお父さんが口にしたスプーンやフォーク、お箸を使わずに、お子様専用のものをご用意する事と、大人が食べかけの物をお子様にあげるのはお子様のお口にとってむし歯のリスクが高くなるので気をつけましょう。

飲み物にも注意が必要

乳酸菌飲料や炭酸飲料、スポーツドリンクや100%ジュースにはむし歯が好きな多量の糖分が使用されています。ですから小さいうちは極力これらの飲料を避けて、水分補給はお水やお茶にすることをおすすめします。この頃のお子様のむし歯発生の原因の大部分は飲み物によることが多くあります。

フッ素塗布

乳歯は特に歯質が弱く、むし歯に弱いなりやすい時期です。フッ素は歯の再石灰化(歯の表面を修復する力)を促し、歯を溶けにくく、酸を抑制する作用があります。 お子様の間はこのフッ素を塗布することで、むし歯のリスクを減らす事が特に有効です。小さな頃は特に歯面塗布法という丸めた綿や綿棒や歯ブラシにフッ化物を浸して塗布する方法で行いますので、お子様にとってもストレスの少ない方法です。

6歳までのお子様の歯

6歳までのお子様の歯

どの年齢においても、虫歯の予防の基本歯磨きになります。6歳までに一番気をつけることは、むし歯を防ぎ強い歯に育てる事です。 ですからむし歯に感染していなくても、フッ素入りの歯磨き剤をつけてブラッシングも良いかと思います。(フッ素については賛否両論ありますが、学問的に既に安全性、有効性が十分確立され、内外の専門機関、専門団体が一致して認め、その利用について推奨しています。 またこの頃になるとむし歯の治療ができるようになりますが、早い人ならすでに乳歯から永久歯に生え変わり始め、歯の並び方が複雑になっている場合あるため、隅々まできちんと磨けていない場合があるのでお母さんやお父さんのチェックも欠かせません。 ですからお子様の歯磨きについては、お子様の「自分でできる」という意欲は誉めてあげて「チェックしてあげるね。」と、お母さん(お父さん)が必ず仕上げをしてあげましょう。 さらに3~4ヶ月に1度は歯科医院にてチェックをしてもらうことも重要です。


12才までのお子様の歯

12歳までのお子様の歯

この頃にはほとんどの歯が生えかわり、大人の歯の咬み合わせが出来上がってきます。 逆に、もう歯は生え変わらなくなるので、1本1本の歯を大切にしてけるよう、お子様にもお声がけをして下さい。 また、咬み合わせによりお口の健康や清潔性に関わりますので、気になることは歯科医院へ定期検診等と一緒に咬み合わせを見てもらいましょう。

むし歯を作らないために

この頃には自分でしっかりブラッシングできるようになりましょう。お母さんやお父さんはお子様がしっかり歯磨きをしてるか、見守ってあげて下さい。 食事は1日きちんと3度摂るようにし、おやつは1回、そのあとはしっかり歯磨きするように、習慣化してしまいましょう。 永久歯になるとむし歯になれば削るしかなく、削った部分は二度と戻ってはきません。むし歯で歯を削ることのないように、しっかり予防とチェック、そしてセルフメインテナンスを行っていきましょう。 お口の健康は、これからのお子様のHappy Lifeにつながります。



カテゴリー:小児歯科


明石アップル歯科イベントのお知らせ アップルクリスマスパーティ2016 加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の診療時間

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00
休診日
日曜日
所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
急患・新患受け入れ可能

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶 加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 明石院のご案内 グループ医院 歯科 明石 明石アップル歯科 明石でも世界水準の治療を

明石市大久保町高丘3-3-1
TEL 0120-952-118

三宮院のご案内 グループ医院 歯科 神戸 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
TEL 078-200-6802

加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報 歯科衛生士復職プログラム 奨学金制度のご案内
このページのトップへ