フルマウス治療

HOME > 自由診療

フルマウス(全体治療)

フルマウス(全体治療)

全体治療が必要なケース

  • 歯周病で歯が動いてしまっている場合
  • 多数歯にわたり、不良補綴物が入っている場合
  • 歯の欠損が多い
  • 元々の咬み合わせが悪く、それが原因で問題を起こしている場合

皆さんは口や歯のどんなところでお悩みでしょうか?「虫歯がある」「歯周病がある」「口臭がある」「詰め物の見た目が気になる」色んなお悩みがあると思います。
歯一本単位のお悩みもあれば、口全体でのお悩みがある方もいらっしゃると思います。

こんな方はいらっしゃらないでしょうか?
例えば、
「いつも同じところの被せ物や詰め物が取れる」
「最近になり歯の位置が変わってきている気がする」
「歯がない状態を数年間放置している」
「部分的にグラグラしている歯がある」
実は上のような症状を実感されている方は注意が必要かもしれません。なぜなら、部分的な治療では問題が解決されず、長期的にトラブルが続く可能性があるからです。このような症状がある方は「咬み合わせ」自体に問題があることがあります。
咬み合わせ自体に問題がある場合、それを解決しなければいけないケースがあります。例えば下のようなパターンがあります。

  • 歯周病が原因で歯が動いてしまっている場合
  • 多くの歯に人工の被せ物が入っており、人為的に咬み合わせが悪くなってしまっている場合
  • 歯が抜けているところが多い もしくは その状態を放置している
  • 元々の咬み合わせが悪く、それが原因で問題を起こしている場合
    (ただし、元々の咬み合わせが悪くても治療をしていない歯が多い場合、安定しているケースもあります)

このような場合、根本的な治療をしようと思うと、部分的な治療ではなく、全体の治療を行い、悪くなった もしくは 元々悪い咬み合わせから治さないといけない場合があります。

全体治療の流れ

では、全体の治療とはどのような内容かを説明していきます。実は全体治療というのは、簡単な治療ではありません。根本的な原因である、咬み合わせを変えるような治療ですが、慎重に進めなければ、逆に咬み合わせを悪くしてしまうケースもあります。なので、当院では以下のように治療を進めております。

  • 01

    診査

    口腔内写真やX線写真の分析を行い、今の状態を正確に把握します。

  • 02

    診断

    なぜ今の状態になってしまったかを考え、診断をつけていきます。

  • 03

    治療計画の立案

    簡単に治療を始めるのではなく、最終的な治療のゴールはどこにあるのかを時間をかけて考えます。 治療のゴールは1つだけではありません。患者さんの希望に応えられるようにいくつかの選択肢を考えることもあります。

  • 04

    カウンセリング

    私たちが考えた、診断・治療計画を患者さんにお話しします。治療開始前に不安を取り除けるように十分に時間をとってお話しするようにしています。

  • 05

    治療開始

    治療計画が決まりましたら、治療開始です。治療が進むごとに変化を実感していただけると思います。

  • 06

    メインテナンス

    治療が終了しても、それでは終わりではありません。口の中には人工物が入っており、それを守るためにも定期的なメインテナンスが必要です。

このような流れで治療が進んでいきますが、全体治療では正確に現状を把握し、時にはインプラントや矯正治療などの専門的な技術が必要になることもあるため、治療ができるドクターは限られていると言えます。アップル歯科クリニックでは各ドクター全体治療において研鑽を積んでいますので、もしご質問などございましたら、遠慮なく聞いていただけますと幸いです。

精密な資料採取について

加古川アップル歯科では、自由診療受診の際に診療内容に応じて様々な資料を採取させていただいております。 これらの資料は、患者様の情報として、しっかり保存することにより、治療計画に役立てると共に、初診から治療を経てどのような状態に良くなっていったかを知れる貴重な記録にもなります。 また、歯は一度治療をすると元の状態には戻りません。ですから、その都度資料を撮っておく事でそのときの歯の状態を保存し、目で見ながら治療の説明を行うことが可能となります。 採取する資料には以下のものがあります。

模型

模型

お口の模型です。咬み合わせ等の総合診断を行い、違和感のない正しい咬み合わせの調整に使用します。

口腔内写真

口腔内写真

歯肉なども含め歯の全体像を記録します。通常、最低でも正面、左側方・右側方・上顎・下顎・半開口の6枚は撮影し、保存します。

顔・口元の写真

口元の写真

歯だけでなく、顔や唇の動き、見え方を確認し、全体的な審美回復の確認に使用します。


姿勢の写真

姿勢の写真

咬み合わせから来る身体全体の歪みのチェックをします。

10枚法レントゲン

口腔内写真

歯肉なども含め歯の全体像を記録します。通常、最低でも正面、左側方・右側方・上顎・下顎・半開口の6枚は撮影し、保存します。

パノラマレントゲン

パノラマレントゲン

お口の中(全ての歯・顎)全体を横1枚にパノラマ上に撮影したX線写真。


セファログラム

セファログラム

側貌規格という企画に基づいた頭部頭部X線規格写真。顎の骨の形状・大きさ、歯の生え方などを分析するためのレントゲン写真。

顎関節パノラマ

顎関節パノラマ

顎の関節の骨の状態や埋伏歯の状態を知ることができます。

フェイスボーマウント

フェイスボーマウント

実際の顎の動きにより近い運動を再現するために、咬み合わせの位置と頭の位置を確認します。

歯科用CT写真

歯科用CT写真

3次元的な歯の位置関係を把握し、治療の総合判断および計画に使います。

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top