加古川アップル歯科HOME > 加古川アップル歯科の歯の根の治療

加古川アップル歯科の歯の根の治療

根管(歯の根)の病気と治療について

根管(歯の根)の病気と治療について

むし歯が進行すると、細菌が歯の根の中に侵入し、歯髄とういう歯の神経を侵しはじめ、根の先から上あごや下あごの骨へと広がりはじめます。 歯の根の治療は、最近による感染の広がりをくい止めることで、大切な歯を抜かないですむよう、感染した歯髄を取り除いて歯の根の内部を洗浄・消毒し、再び菌が侵入しないように詰め物をして蓋をします。 歯の根の形状は非常に細く複雑で、一本一本の歯ごとに根の数や生え方が異なりますので、治療には細心の注意と労力を注ぎ、時間をかけて行っていきます。そうすることにより歯の脱落・抜歯を防ぐための重要な治療です。 痛みがなくなったからといって、途中でやめてしまうと、感染が進み、手の施しようがなくなることもあれば、再び炎症を起した時に、激しい痛みに見舞われることもあります。根気よく最後まで治療を続けていただけますようお願い致します。

歯の根の病気の種類としては歯髄炎根尖性歯周炎の場合があります。


歯髄炎の場合

むし歯を放っておくと、むし歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して歯がしみたり痛んだることを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。

むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態
むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態。

むし歯をキレイに取り除きます。
リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。
リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。
神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します
神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

土台を入れて補強します。
土台を入れて補強します。

出来上がったかぶせを調整します。
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

根尖性歯周炎の場合

むし歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間が経ってしまった時や、以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起した時に根の先端(根尖)にウミが溜まってきます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。

むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態
根の先にウミがたまっている状態。

リーマーという器具を使って歯の中に入っている古い薬を取り除きます。
リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。
状態が良くなったら歯の中の空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。
神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します
土台を入れて補強します。

土台を入れて補強します。
出来上がったかぶせを調整します。

歯科用セメントでセットして治療が終わりです。


この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-942-4185から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約
第一回加古川アップル歯科XmasParty2017 加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ