加古川アップル歯科HOME > 加古川アップル歯科の定期検診

加古川アップル歯科の定期検診

加古川アップル歯科の定期検診

定期検診

加古川アップル歯科では、定期検診が最大の予防法だと考えています。 歯の定期検診は、3ヶ月に一度、前回の治療の後のメインテナンスを含め、悪いところがないかをチェックしていきます。私たち歯科医院が、長期的なプログラムで末永く歯を見守る方法がこの定期検診にあたります。 お口の中は、年齢と共にどんどん壊れていってしまいます。しかし定期検診で悪いところを早期に見つけ、ケアすることで、お口全体の崩壊を止めることが可能です。

海外(予防先進国)では、定期検診率が80%~90%といわれています。これは、海外では日本のような国による保険の制度がないため、歯の治療をするとなると、ものすごくたくさんのお金が必要になるからというのが理由の一つです。 だからこそ、まず「むし歯」にならないようにするという心がけが予防、つまり「痛くなる前」に歯医者に行く事にに繋がるという事です。 逆に日本では、保険があるからこそ「痛くなってから」歯医者に行く事が定着してしまっています。しかし、そこに実は落とし穴があるのです。 「8020(ハチマルニィマル)」という言葉をご存知でしょうか?これは80歳になっても自分の歯を20本の歯を保とうという日本医師会が推進している運動です。 2007年の厚生労働省の歯科実態調査では、日本の8020達成率は25%と言われています。8020運動開始当初は7%だったのに対し、大きく伸びては来ているものの、歯科先進国では達成している国もあることを考えると、日本は予防という観点からいうと、意識が低いといわざるを得ません。


シニア1000人のアンケート結果

雑誌「プレジデント(2012年11.12号」」に「シニア1000人のアンケート結果」という面白い記事がありました。 その記事によると、リタイア後のシニアのみなさんの後悔の第一位は「歯の定期検診に行っていればよかった」だったそうです。 さらにいうと3人に1人は、そう感じているという事なのです。つまり、定期検診にいかなかったために「食事を美味しく取れない」「見た目・匂いのコンプレックス」「人前で話すのが苦手になった」などの悩みを抱えておられるということです。 そして、それを回避できる方法として「歯の定期検診」であったことをわかっているからこその結果だと思います。

定期検診ではこんなところをチェックします

加古川アップル歯科の定期検診
  • ① 治療した歯の調子はどうですか?
  • ② ブラッシングはうまくできましたか?
  • ③ 歯肉の具合はどうですか?
  • ④ 新しい虫歯はできてませんか?
  • ⑤ その他気になる所は?
  • などなど…

定期検診を続けると続けないでは、将来のお口の悩みのリスクが減る事は朗かです。加古川歯科にお越しの際は、まず「痛くない治療」で極力痛みを抑えた治療でしっかり治して、定期検診・予防歯科で末永く健康なお口の環境を保ちましょう。



この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-942-4185から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約
第一回加古川アップル歯科XmasParty2017 加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ