歯周病治療

HOME > 一般診療 > 歯周病治療
サムネイル

このページの目次

歯周病の治療

歯周病ってどんな病気?

歯周病は、感染する病気です。実は「ギネスブック」にも載っている、人類史上最も感染者数の多い感染症といわれています。 では、どこから感染するのでしょうかというと、歯周病菌は垂直感染(親子間)・水平感染(家族間)で感染する可能性があるとされています。 また、ほとんどの人が親から感染している場合が多く、歯周病菌に感染しないことは、まずあり得ないほど難しいといえるのです。

では、私たちはこの歯周病菌からの脅威から逃げる事はできないかというと、そうではありません。 きちっとした歯磨きと、歯科医院による歯周病予防を行っていれば、歯周病菌の増殖や悪いタイプの歯周病菌への感染を抑えることが可能です。 逆に、歯磨きをおろそかにしたり、歯周病予防に行かなければ、歯周病は、どんどん重症化してしまうこともあります。
また、歯周病はお口の健康のみならず、身体の健康も妨げる恐ろしい病気です。脳梗塞・糖尿病・心筋梗塞などの身体の病気と歯周病の関係もわかってきています(Mealey BL, Oates TW. Diabetes mellitus and periodontal diseases. J Periodontol 2006 ; 77(8) : 1289-1303)。たかだか歯周病と考えずに、しっかり治療して、進行しないよう予防を行っていきましょう。

歯周病の女性

歯周病の進行

歯周病は進行する病気です。そして進行すればするほど治療は難しくなり、回復は困難になります。歯周病の治療には早めの治療とセルフケアが必要です。

健康な歯周組織

口の中にはたくさんの菌がありますが、ケアをしっかり行っていれば健康な歯周組織は保つ事が可能です。

歯肉溝0.5~2mm

歯肉炎

歯肉にプラーク(歯垢)という最近の住処・塊がたまり、歯肉が炎症で腫れ、歯とハグキの境目の溝(歯周ポケット)が広がりはじめました。

歯周ポケット2~4mm

治療回数⇒1回

軽度歯周炎

歯肉が大きく腫れ始め、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯根膜の破壊が始まりました。歯周ポケットは深くなり、プラークや歯石がたまっています。

歯周ポケット4~7mm

治療回数⇒3~6回

中等度歯周炎

炎症がさらに拡大して歯槽骨も歯の根の長さの半分近くまで破壊され、歯がぐらつきはじめました。歯周ポケットも更に深くなってきています。

歯周ポケット3~5mm

治療回数⇒3~6回

重度歯周炎

歯槽骨が半分以上破壊され、歯はグラグラです。咬合性外傷という咬み合わせの問題が始まるのはこの頃からです。

歯周ポケット6mm以上

治療回数⇒3~6回

歯の脱落

歯肉の腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯根膜も破壊されはじめました。ポケットが深くなり、プラークや歯石もたまってきています。

歯周病は口臭の原因

歯周病は口臭の主な原因の一つです。歯石や歯垢をはじめとする歯の付着物の匂い、むし歯などの疾患に伴う匂い、そしてもっとも多いとされているのが歯周病による匂いです(吉江弘正, 伊藤公一, 村上伸也, 申基喆 : 臨床歯周病学. 第1版, 医歯薬出版, 東京, 2007, 334-341にその根拠が記されています)。 歯周病は初期段階では痛みもなく自覚症状がありません。放っておくと静かに進行する病気です。 ですから本人は気づいていなくても、歯周病が進行すると歯を磨くなどのちょっとした刺激で出血するようになることがあります。 さらに歯周病が進行すると歯ぐきからの出血に膿が混じってくるようになり、それが口臭の原因となってきます。 そこにプラークや歯石の匂い、場合によってはむし歯の匂いも相まって、独特な嫌な匂いを発します。

歯周病は口臭の原因

歯周病治療のQ&A

歯周病についてのよくある質問

Q.歯周病ってどんな病気ですか?
A歯周病とは歯自体ではなく歯の周りの組織に発症し、その組織を破壊する疾患の総称です。主に歯肉炎、歯周炎、咬合性外傷があります。歯肉炎、歯周炎は歯茎の際に付着する細菌の塊であるプラークによって引き起こされる慢性炎症で、歯肉炎は歯肉に炎症が出ている状態のことを言います。これが進行すると歯を支えている歯根膜や歯槽骨に炎症が及び歯槽骨を溶かしてしまいます。一方、咬合性外傷は歯肉炎、歯周炎とは違い咬合力によって歯根膜や歯槽骨が破壊される疾患です。中等度から重度の歯周炎では歯を支える骨が溶かされ、歯が噛み合う力に耐えられなくなり、咬合性外傷という新たな症状を伴う事が多いです。
歯周病は進行する際、あまり痛みが出ない事が多い疾患です。最近、歯茎が腫れ易い、歯磨きの際に出血が多い、口臭が強くなった、歯の揺れが強くなったという症状のある方は早めに歯科医院で検診を受けるようにしてください(※1)。
Q.歯周病対策は何をすればいいですか?
A.歯周病の原因であるプラークを口の中にたまらない様にする事が大切です。具体的にはプラーク付着の足場になる歯石を歯科医院で除去し、正しい歯磨きの仕方を学んでいただくことが一番です。特に正しい歯磨きを日々行っていただくことがもっとも大切です。また、喫煙は歯周病が悪化する速度を加速させますので、禁煙をお勧めします(※2)。
Q.歯周病治療で歯石を取ったらしみるのはなぜですか?
A.歯周病の治療で歯石を取ると歯肉の炎症が引いていき、治療の前よりも歯茎が下がります。歯茎が下がると歯の根の表面が露出します。歯の表面はエナメル質という硬い物質で覆われているためしみることはありませんが、根は覆われていないため刺激を感じ取りやすくなりしみることがあります。これを知覚過敏と言います。知覚過敏の対症療法を行うと徐々に症状が落ち着くことが多いです。しみやすい状態が続くと神経を囲む様に二次象牙質という物質が生成されはじめますので刺激が神経に伝わりにくくなります。
Q.歯茎の検査は何をしているのですか?
A.歯と歯茎の間には歯周ポケットと呼ばれる溝があります。ここにプローブと呼ばれる細い棒の様なものを入れて、歯茎の下に歯石がどれだけついてい るか、骨がどのくらい溶けているのかを確認しています(※3)。
Q.歯石取りに回数がかかるのはなぜか?
A.歯石には歯肉の上についている縁上歯石と縁下歯石があります。特に歯周病の症状が出ている方は歯周ポケットの底に縁下歯石が固くこびり付いている状態であることが多いです。その直視できない歯石を刃先1mmほどのキュレットと呼ばれる器具を使用して除去していきます。成人の口の中には約28本の歯が生えています。その全てを、手指感覚を頼りに痛みを出さない様1mmずつ取りきるのには時間がかかります。そのため付着する歯石が多い方は回数を分けて処置を行っております。
Q.歯周病が全身の病気に関係していることはありますか?
A.の中は全身の中でも微生物や細菌などが最も多く分布している場所です。近年、歯周病と生活習慣病の関連性が指摘される様になっております。中でも糖尿病の合併症に歯周病は含まれており悪化しやすくなります。また、歯周病は肺炎などの呼吸器疾患、心筋梗塞、動脈硬化、早産などを引き起こしやすくなります。

※1)歯周病の種類と症状 ※2)歯周病の予防 ※3)歯周病の診断

吉江弘正・伊藤公一・村上伸也・申基喆(2013)臨床歯周病学 第2版
この記事の編集担当者は歯科医師 福田さつきです。
image

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top