加古川アップル歯科HOME > 一般診療 > 歯の根の治療

マイクロスコープ【Bright Vision】導入しました【自由診療】

マイクロスコープで見える世界

加古川アップル歯科では、マイクロスコープを導入した精密な根管治療・歯科治療が可能です。 マイクロスコープとは、目視では不可能なレベルの精度の高い治療が可能となる歯科用顕微鏡のことで、特に根管治療などで用いることの多い機器の一つです。

歯の根の形は複雑で十人十色、歯科医師はそんな根管の中を通常手探りで治療することになります。もちろんその制度には限界があります。 更に根管の内部は湾曲していたり、複雑に枝分かれするなど、入り組んだ状態のものも少なくありません。そして残念なことに、歯の根の内部は細菌に弱く、しっかり治療してあげなければ細菌感染の危険性が極めて高い部位に当たります。 それらを目視しながら治療ができる一つの方法、それがマイクロスコープによる治療です。


マイクロスコープで見える世界

図(1)は肉眼(倍率1倍)で見た場合と、マイクロスコープ(25倍)で見える世界の違いです。 この写真からも、マイクロの使用の有無でどれだけ治療の精度が上がるかがお分かり頂けるかと思います。

マイクロスコープで出来る事。

マイクロスコープで見える世界
  • 神経を取ったはずの歯なのに咬むと痛い
  • 疲れると同じ歯から膿が出てくる・激しく痛む
  • 疲れると歯が浮いた様な感じがする
  • 歯ぐきにニキビの様な痕がある

上記のような症状も、マイクロスコープであれば治療できる可能性があります。

その他、他院で神経治療が上手くいかず、何年も歯科医院に通っている方や、歯の神経を抜かないといけなくなったが、出来る限り歯を長持ちさせたい方、このマイクロスコープを用いた根管治療を受けられたい方はぜひ一度当院までご連絡ください。


マイクロスコープで見える世界

歯を抜きたくない方へ

マイクロスコープは根管治療に行き詰まり、最終的に「抜きたくない」一心で来られる患者様も多くおられます。 しかし、そのために何度も根管治療を繰り返したり、中で根が折れてしまっているとことも少なくありません。 そうなればマイクロスコープであれ何であれ、治療は非常に困難になってしまいます。「歯を抜きたくない」と思うなら、なるべくお早めにご相談下さい。

また、複数の根の治療が必要な患者様で、ご要望がありましたら、歯内療法の専門医を招いて一日に複数の歯の根の精密な治療を行う「プレミアムエンド」治療をご案内いたします。 お気軽にご相談下さい。



カテゴリー:新着情報, 歯の根の治療

加古川アップル歯科の歯の根の治療

根管(歯の根)の病気と治療について

根管(歯の根)の病気と治療について

むし歯が進行すると、細菌が歯の根の中に侵入し、歯髄とういう歯の神経を侵しはじめ、根の先から上あごや下あごの骨へと広がりはじめます。 歯の根の治療は、最近による感染の広がりをくい止めることで、大切な歯を抜かないですむよう、感染した歯髄を取り除いて歯の根の内部を洗浄・消毒し、再び菌が侵入しないように詰め物をして蓋をします。 歯の根の形状は非常に細く複雑で、一本一本の歯ごとに根の数や生え方が異なりますので、治療には細心の注意と労力を注ぎ、時間をかけて行っていきます。そうすることにより歯の脱落・抜歯を防ぐための重要な治療です。 痛みがなくなったからといって、途中でやめてしまうと、感染が進み、手の施しようがなくなることもあれば、再び炎症を起した時に、激しい痛みに見舞われることもあります。根気よく最後まで治療を続けていただけますようお願い致します。

歯の根の病気の種類としては歯髄炎根尖性歯周炎の場合があります。


歯髄炎の場合

むし歯を放っておくと、むし歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して歯がしみたり痛んだることを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。

むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態
むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態。

むし歯をキレイに取り除きます。
リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。
リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。
神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します
神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

土台を入れて補強します。
土台を入れて補強します。

出来上がったかぶせを調整します。
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。
歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

根尖性歯周炎の場合

むし歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間が経ってしまった時や、以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起した時に根の先端(根尖)にウミが溜まってきます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。

むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態
根の先にウミがたまっている状態。

リーマーという器具を使って歯の中に入っている古い薬を取り除きます。
リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。
状態が良くなったら歯の中の空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。
神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します
土台を入れて補強します。

土台を入れて補強します。
出来上がったかぶせを調整します。

歯科用セメントでセットして治療が終わりです。


カテゴリー:歯の根の治療


明石アップル歯科イベントのお知らせ アップルクリスマスパーティ2016 加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の診療時間

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00
休診日
日曜日
所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
急患・新患受け入れ可能

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶 加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 明石院のご案内 グループ医院 歯科 明石 明石アップル歯科 明石でも世界水準の治療を

明石市大久保町高丘3-3-1
TEL 0120-952-118

三宮院のご案内 グループ医院 歯科 神戸 三宮アップル歯科 神戸でも世界水準の治療を

神戸市中央区琴ノ緒町5-2-2 三信ビル3F
TEL 078-200-6802

加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報 歯科衛生士復職プログラム 奨学金制度のご案内
このページのトップへ