歯の根の治療

HOME > 歯の根の治療 > 歯の根の治療

根管(歯の根)の病気と治療について

むし歯が進行すると、細菌が歯の根の中に侵入し、歯髄とういう歯の神経を侵しはじめ、根の先から上あごや下あごの骨へと広がりはじめます。 歯の根の治療は、最近による感染の広がりをくい止めることで、大切な歯を抜かないですむよう、感染した歯髄を取り除いて歯の根の内部を洗浄・消毒し、再び菌が侵入しないように詰め物をして蓋をします。 歯の根の形状は非常に細く複雑で、一本一本の歯ごとに根の数や生え方が異なりますので、治療には細心の注意と労力を注ぎ、時間をかけて行っていきます。そうすることにより歯の脱落・抜歯を防ぐための重要な治療です。 痛みがなくなったからといって、途中でやめてしまうと、感染が進み、手の施しようがなくなることもあれば、再び炎症を起した時に、激しい痛みに見舞われることもあります。根気よく最後まで治療を続けていただけますようお願い致します。

歯の根の病気の種類としては歯髄炎根尖性歯周炎の場合があります。

根管(歯の根)の病気と治療について

歯髄炎の場合

むし歯を放っておくと、むし歯は深くまで進んで神経(歯髄)に達して歯がしみたり痛んだることを歯髄炎といいます。歯髄が細菌に感染してしまったということです。

神経に達したむし歯

むし歯が歯の神経まで到達してしまった状態。

むし歯の除去

むし歯をキレイに取り除きます。

抜髄

リーマーという専用の器具を使って歯の神経を取ります。

薬を入れる

神経が入っていた空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

土台

土台を入れて補強します。

出来上がったかぶせを調整します。

最終歯のセット

歯科用セメントで被せ物をセットして治療が終わりです。

根尖性歯周炎の場合

むし歯や打撲などによって神経が死んでしまった時や、根の治療を途中のまま期間が経ってしまった時や、以前に神経を取っている歯が何らかの原因で感染を起した時に根の先端(根尖)にウミが溜まってきます。このまま放置すると、だんだん痛くなってきます。

歯根膜炎

根の先にウミがたまっている状態。

リーマーという器具を使って歯の中に入っている古い薬を取り除きます。

抜髄

状態が良くなったら歯の中の空洞をガッタパーチャという薬で封鎖します。

コアセット

土台を入れて補強します。

土台の調整

出来上がったかぶせを調整します。

歯科用セメントでセットして治療が終わりです。

タグ: ,

歯の根の治療 | 公開日: 2014/09/12 | 更新日: 2018/11/13 | by 加古川アップル歯科

あなたにオススメの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

WEBからのご予約が便利です

お電話で予約→078-942-4185

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top