根管治療のQ&A

HOME > 歯の根の治療 > 根管治療のQ&A

歯の根の治療についてよくある質問

Q.根の治療はなぜしないといけないの?
A.私達の歯には歯髄と言われる神経があります。これは歯の「咬む」という機能を長持ちさせるために必要なものです。歯の根の治療が必要な場合というのは大きく分けて2つあり、1つはむし歯等によって歯髄の保存が不可能なとき、もう一つは根管自体が感染しているときです。
歯髄が、虫歯で感染して膿んでしまうと痛みが出たり放置すると顔が非対称になるほど腫れてしまうこともあります。そうなることを予防するまたは再発しないためにも根の中の感染源を取り除いておくことが必要となります。根の先に炎症が大きくなると強い痛みに襲われたり、進行するとその歯自体が抜歯せざるを得なくなります。早期発見が重要となります。
Q.他院で「この歯は膿んでいるかもしれないから様子を見ましょう」と言われ、そのままにしています。大丈夫でしょうか?
A.レントゲンなども用いて定期的に状態を把握することが大事になります。その上で治療した方が現状より良くなると判断した時点で治療を開始します。その歯がなぜ膿んでしまっているのか、仮に根の病気が治ったとしても被せ物を入れた後に「咬む」という機能を維持できる状態なのかどうかなどを確認しなければ治療をすることで逆にその歯の寿命を短くしてしまうこともあります。まずは検査を受けましょう。
Q.マイクロスコープを使うことで根管治療はどう変わるの?
A.いわゆる一般的な根の治療というのは口腔内にある小さく見えにくい歯をなんとか肉眼で覗き込みながらしていく治療になります。そのためよほどの経験がある施術者でない限り、小さな根管の見落としてしまうことも否めません。マイクロスコープを使うことで、根管の内部まで見ながら治療を行うことができるため、治療自体の成功率も向上します。歯の治療にとって目で確認することは重要で、虫歯の治療1つをとっても見えれば削って治療することができますが、見えなければ取り残してしまうこともあり得ます。
マイクロスコープを使用すということは、圧倒的に根管内のでの視野が広がるということですので、治療の精度が高くなります。
Q.歯の根の治療をして治らなければ抜歯しかないのでしょうか?
A.その歯の状態にもよります。何度も根の治療を繰り返すと歯質が大きく削られてしまいますので歯の強度は落ち、割れやすくなります。実際にを破折といい、そうなると抜歯せざるを得ないことほとんどです。歯の根が特殊な形をしいる場合や、根の先に膿袋がある場合などは、外科的に病変にアプローチすることで症状が改善することはあります。ただし、いずれも再治療を繰り返すほど歯の寿命は短くなるため、抜歯になるリスクは高くなります。
Q.虫歯が大きいと神経を必ず取らないといけないのか?
A.確かに虫歯が歯髄の近くまで進んでいる場合は神経を取らないといけないことが多いです。ただし、今はそういう虫歯が大きいような歯に対しても歯髄の生活力を残したまま治療する方法(MTAセメント※自由診療)などの新しい治療も出てきていますので、お気軽にご相談下さい。
この記事の編集担当者は歯科医師 森本泰介です。
image
タグ: ,

根管治療のQ&A | 公開日: 2019/05/17 | 更新日: 2019/05/17 | by 加古川アップル歯科

あなたにオススメの関連記事

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 19:00 19:00 13:00 19:00 19:00 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

お車でお越しの方:第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方:JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方:JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top