加古川アップル歯科HOME > 事故で前歯を失われた方の審美的インプラント治療

事故で前歯を失われた方の審美的インプラント治療

Y.T様 42代 男性

Before

before

不慮の事故で前歯が折れてしまった患者様です。口を閉じていると見える2本が気になりますが、実は下の歯も含めて3本折れてしまっていました。

Process

after

3本は保存できそうでしたが、上の前歯1本だけは根っこから折れてしまっており、抜歯せざるを得ない状況でした。

Process

after

最終的には修復可能な下の歯はセラミックを使った治療で自然に、上の前歯もインプラント治療によって天然の歯と区別がつかない程度の仕上がりになりました。

Before

Process

After

before
before
before

事故で歯を失うというのは、指や足などを失うのと同じで自分の臓器の一部を失うことに等しく、ご本人様にとっては大変ショックなことであったと思います。 しかし残念ながら抜歯せざるを得なくなった歯は二度と元には戻りません。我々歯科医師が出来ることと言えば出来る限り機能的・審美的に回復できる治療を提供することのほかありません。 前歯のインプラント治療は、難易度が高いとされ、インプラントの埋入はもちろん、色や形を合わせるのもとても緻密な作業を繰り返すものです。患者様にとっても時間的な負担や身体的な負担も大きく、たいへんな治療であったと思います。

  • Before

    before
  • After

    after

最後にはご自身の歯と見分けがつかない程度の歯が入りお喜び頂けましたが、今後はこの状態を末長く維持し、歯を失ったデメリットを少しでも軽減出来るよう、メインテナンスでお手伝い出来ればと思います。

行った治療の内容:インプラント治療

インプラント治療には以下のようなリスクを伴う可能性があります
一時的な唇、舌、頬、歯肉そして歯牙の感覚マヒ、近接歯牙・顎・上顎洞・鼻腔に対する炎症・疼痛・過敏症・組織治癒の遅延及び顔面部の内出血、傷口の腫れ、骨量不足による追加の費用、処方薬による副作用(吐き気、めまい、眠気、咳、お腹が緩くなる等)、1㎜以下の歯の移動、インプラントの脱落等。
※インプラントの耐久性は、天然歯同様、口腔衛生状態(喫煙の有無、喫煙者の協力度、咬合力、咬み合わせ、骨量、歯肉量、歯磨き、メンテナンス)により変化します。
※成長過程にある方、免疫不全や1型糖尿病の方、放射線治療を受けられている方、ホルモン治療を受けられている方は治療出来ない場合があります。



この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-942-4185から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約
事故で前歯を失われた方の審美的インプラント治療

事故で前歯を失われた方の審美的インプラント治療 | 更新日: 2018年8月28日 | by 加古川アップル歯科


加古川市の歯医者 アップル歯科HOMEへ
加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科 プレミアムフライデー
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ