歯科口腔外科

HOME > 一般診療 > 歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科口腔外科分野の治療について

加古川アップル歯科の院長 村田は、神戸大学医学部付属病院での勤務経験もあります。ですから、歯科口腔外科分野は、加古川アップル歯科の得意な分野ともいえます。

加古川アップル歯科では、歯科口腔外科領域のどんな治療ができるか、簡単に説明いたします。

プラーク
① 親知らずの抜歯
通常の親知らずや骨の中に埋もれている親知らずの抜歯です。簡単な場合には当日抜歯をいたしますが、当院で可能な抜歯か否かCT画像を元に診断し、必要な際には専門病院へのご紹介を致します。
② 腫瘍(口腔内のできもの)
口の中にできるできものの治療・検査です。 舌、歯ぐき、ほっぺた、唇、あご、唾液腺(唾液を作るところ)などが歯科領域の診察範囲です。時に悪性腫瘍(がん・癌)の場合もあります。舌がんや歯肉がんなど口腔内にも発生しますので、気になるできものがございましたら、ご相談ください。早期発見が重要です。
③ 全身管理
全身の病気があり薬の服用もたくさんある方の治療。医科との連携や、時には大学病院へのご紹介も致します。心臓を含めた臓器に疾患をお持ちの方、血をサラサラにする薬や骨粗鬆症の薬等を服用されている際には、ご相談ください。
④ 顎関節症
顎を動かした時の異音や、口が開きにくい、顎が痛いなどの「あご」に関するお悩み。顎の関節自体のお痛み、周囲を支える筋肉や靭帯のお痛み、関節内のクッションのお痛みなど、一口に顎関節症と言っても様々な原因があります(文献:顎関節症診療に関するガイドライン:2003年15巻1号72:飯塚忠彦)
⑤ インプラント
歯が抜けた後の治療法の一つで、顎に歯の代わりにチタンを埋入する現在最も自分の歯に近い治療と言われている方法です。アップル歯科ではICOI指導医の院長の元、全てのドクターが専門的に学んでいます。
⑥ 骨折などの外傷
転倒等によりお口周りを受傷された際に、骨折の精査・歯の整復固定・裂傷の縫合等を行います。受傷度合いが大きい際には専門病院へのご紹介を行います。

組織生検

組織生検とは、出来物や腫瘍等の一部を切り取って、顕微鏡や特殊な検査装置等で検査を行う方法です。 患部の組織の一部をメスや針などで採取し、顕微鏡などで検査します。歯科領域では主に口腔ガンという悪性腫瘍が懸念されることもありますので、検査はまず画像検査や視診や触診を行い、患部の様子を推定し、その結果悪性の腫瘍の疑いがあればその場所や状態を推定します。 検査の結果、悪性腫瘍であれば公立の病院等と連携を取り、対処法を考えていきます。

舌痛症

舌痛症(ぜっつうしょう)とは見た目に分からないが、舌に慢性的な痛みやしびれが生じる病気のことをいいます。 割合としては女性が発症するケースが多く、特に舌の先端や縁(ふち)が痛んだり、歯科治療後に痛みを訴えることが多いとされます。

見た目にはわからない上、痛む部位が移動したり、食事中は痛みが引くなどの特徴から、病院によっては「気のせい」にされることもありますが、適切な診断と治療を行えば、痛みが緩和することもありますので、まずは受診して下さい。

親知らずについて

親知らずの抜歯について

親知らずとは

親知らずは第三大臼歯または智歯とも呼ばれ、20歳頃に一番最後に出てくる歯です。ただし実際には生えてくるスペースが足りないことが多く、一部のみが露出したり、斜めに生えたり、完全に埋まったままの人などがいます。

抜歯が必要となる方

親知らずの生え方が悪い方

親知らずの一部のみが生えている方、斜めに生えている方で虫歯・歯周病の症状が見られる場合、今後も虫歯や歯周病を繰り返すことが多いため抜歯が望ましいとされます。また症状がなくとも保存に徹したい第2大臼歯への悪影響がある場合も、健康な歯が害される前に抜歯をしておいた方が良いでしょう。


歯周病(智歯周囲炎)

上記と同様に歯ブラシが届きにくいことで、周囲の歯肉に炎症を起こし痛みや腫れを引き起こします。また1つ前の第2大臼歯に歯周病が波及した場合、骨が溶けて揺れてきてしまったりもします。

蜂窩織炎

虫歯や歯周病が原因で生じた炎症が顎骨に波及し、さらに血流に乗って全身に感染してしまうことがあります。親知らずが原因で起こり得る蜂窩織炎は、顎や首周りまで炎症が広がってしまう病気で、発熱・倦怠感・腫れなどを伴います。さらに炎症が広がると呼吸困難に陥ってしまうこともあります。長期間の入院治療が必要になる場合もあります。

歯列不正

まれではありますが、骨の中に嚢胞(のうほう)という袋状の空洞を作り、それが骨や周囲の歯を圧迫したり溶かしたりすることがあります。

嚢胞

まれではありますが、骨の中に嚢胞(のうほう)という袋状の空洞を作り、それが骨や周囲の歯を圧迫したり溶かしたりすることがあります。


(右下の親知らずが原因で右下7の根が破壊されています)

抜歯が必要となる方

親知らずの生え方が悪い方

親知らずの一部のみが生えている方、斜めに生えている方で虫歯・歯周病の症状が見られる場合、今後も虫歯や歯周病を繰り返すことが多いため抜歯が望ましいとされます。また症状がなくとも保存に徹したい第2大臼歯への悪影響がある場合も、健康な歯が害される前に抜歯をしておいた方が良いでしょう。

矯正治療をされる方

矯正治療をされる場合、親知らずはを置いておくと後戻りの原因となりやすいため抜歯しておいた方が望ましいことがほとんどです。稀に矯正治療の計画において、親知らずを移動させて利用する場合があります。その場合は抜歯をしない場合があります。

抜歯する時期は

親知らずの抜歯は20~30代の若いうちに行うのが良いでしょう。年齢が高い患者ほど、術後合併症と後遺症のリスクが大きい。また年齢を重ねるほど骨は硬くなるため歯は抜けにくくなってしまったり、治りが悪くなったり、術後の感染のリスクが高くなることになります。さらに高齢になると糖尿病など全身疾患を持つことも多くなるため、外科処置自体にリスクを伴うことになってしまいます。

親知らずの抜歯リスクはどのようなものがあるのか(偶発症)

神経の麻痺

下顎の骨の中には下歯槽神経と呼ばれる太い神経の管が入っています。この神経の管と親知らずとは近接していることが多く、抜歯の際のダメージにより下唇やオトガイ部の麻痺が起こることがあります。他、舌の神経も親知らずの近くを走っているため、麻痺が起こることがあります。頻度としては全体の1%ほどの確率になります。仮に麻痺が起こった場合、数ヶ月から1〜2年で戻ることが多いですが、0.25%程の方は麻痺が残ってしまうことがあります。

上顎洞との交通

上の親知らずを抜いた後、親知らずの根が上顎洞という鼻の空洞に飛び出ている場合、抜歯の後に口腔内と上顎洞が交通してしまうことがあります。交通した場合、口に含んだ水が鼻から出たりします。穴が小さい場合は自然に封鎖されますが、大きな場合は口腔外科で閉鎖してもらうことがあります。(リスクが大きい場合は初めから口腔外科の紹介となります)

親知らずを抜いた後の症状は?

腫れ

抜歯の後は腫れますが、ピークは2〜3日後となります。その後、徐々に腫れが引いていき、7〜10日かけて引いてきます。侵襲が大きい場合(歯茎を大きく開いたり、骨を大きく削った場合)は長引くこともあります。

痛み

麻酔が切れた後は傷口が痛みます。抜歯当日、翌日が痛みのピークとなりやすく、消失7〜10日で引いてきます。痛みがある内は鎮痛剤で対応します。

開口障害

親知らずの抜歯後は口を開ける筋肉の周囲に炎症が波及した場合、口が開きにくくなる事があります。

ドライソケット

抜歯後、通常は歯を抜いた後の穴は血餅で満たされます。しかし、血餅が十分に形成されなかったり脱落したりした場合、骨が露出して強い痛みが発現します。5%前後の確率で発生するといわれています。

歯科口腔外科に関するQ&A

歯科口腔外科についてよくある質問

Q.親知らずは抜いたほうがいいの?
A.全てが抜く対象となるわけではありません。痛みや腫れの原因となりやすいですが、抜歯をすることで神経の麻痺が出たり(※1)、副鼻腔という蓄膿症の時などに膿がたまる空間に穴があくこと(※2)がありますので、本当に抜歯をするメリットがあるのかどうかの診査が重要です。また、歯が抜けてしまったところに親知らずを移植できる場合もあります(文献:自家歯牙移植における臨床的考察 石上和紀 日本顎咬合学会誌咬み合わせの科学 2000年21巻2号201-205)。
当日中の抜歯については、簡単な症例であれば行うこともあります。しかし、炎症が強い場合には炎症が引かせてからでないと痛みや腫れが長引く可能性がありますし、難しい症例の場合には専門病院にて全身麻酔下での抜歯を進めさせていただく場合もあります。 どういった状態なのか残しておいた方が良いかどうか一度受診されることをお勧めします。

※1)811例において抜去された上顎智歯は876歯,下顎智歯は1,552歯(男性で626歯,女性で926歯)であった.下顎智歯1,552歯における術後合併症の頻度について,歯数をもとに調査したところ,抜歯後感染75歯(4.83%),オトガイ神経領域の知覚異常65歯(4.19%),治癒不全2歯 (0.13%),抜歯後出血1歯 (0.06%),合計で143歯(9.21%) であった.

※2)対象者1,337名,総歯数2,038歯中抜去直後に上顎洞への穿孔のみられたものは77例(5.8%)で,総歯数2,038歯歯に対しては77歯(3.8%)であった。

Q.蓄膿症は歯が原因って本当?
A.歯が原因で起こることがあります。
そもそも蓄膿症とは、人体にある4つの副鼻腔という空洞に張り巡らされている粘膜が慢性的な炎症を起こし膿が溜まる状態のことを言います。その4つのうちの1つである上顎洞のみが歯との距離が近く、歯の中に入り込んだ細菌が上顎洞の中に溜まることで蓄膿症の発症に繋がります(※3)。虫歯治療や神経の治療により改善がみられることもありますが、最悪抜歯が必要となることもあります。鼻のつまりや頭の重たさは、歯が原因かもしれません。

※3)歯性上顎洞炎の原因歯は,不十分な根管処置が行われた歯科処置後の歯(根管処置歯)がほとんどであり,未処置の齲歯が原因である例は,まれであるといえた.歯科的に治療された歯であっても,あるいは外見上齲歯がなくても歯性上顎洞炎の原因歯として疑うべきであるといえた.

Q.顎から音がするのはなぜ?
A.下顎を支える関節円板と呼ばれるクッションの位置が悪いために音が鳴っていると考えられます。
頭の骨と下顎とが接する部分に関節円板が入っています。口の開け閉めの際には、下顎の動きに合わせて関節円板が一緒に動くのですが、その動きが悪いと下顎だけが一人歩きしてしまい、関節円板が外れてしまいます。その際にポキっと音が鳴ります。それをクリック音と呼びますが、顎関節症の一種と言えるでしょう。急に口が開かなくなることもありますので、注意が必要です。
また、ジャリジャリという音がなる方はさらに要注意です。下顎が潰れてしまっている可能性もありますので、早期の専門病院への受診が必要となります
Q.顎関節症はどうやって治すの?
A.症状によって治し方が変わります。それは、顎関節症が複数の病型に分類されるためです。軽度であれば痛み止めだけで問題ない場合もマウスピースの使用で改善する場合もあります。しかし重度であれば顎の骨を切ったり注射をして悪い物質を洗ったりする場合もあります。(参考文献:顎関節症診療に関するガイドライン 飯塚忠彦 日本顎関節学会雑誌 2003年15巻1号72)
Q.口腔癌の見分け方は?
A.胃癌や大腸癌があるように、口にも癌はできます。その見分け方は大まかにいうと、荒れている部分が長期間消えない・白みや赤みを帯びているかどうかの2点です。例えば、一度できた口内炎が2週間経っても消えない上に大きくなってきて見た目も赤くぐじゅぐじゅになっている。そうなると口腔癌の危険性は高いです。ただし、ひとくちに口腔癌といってもたくさん種類があります。サイズも変わらない・荒れてもいない、それでも細胞をとって調べてみたら癌でしたということもあります。お口の中が不潔だったり、適合の悪い被せ物や入れ歯、飲酒・喫煙などが要因としてあげられますので、定期的に口も体も健康への気遣いが必要です。
この記事の編集担当者は歯科医師 林大智です。
image

加古川アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

最寄り駅はJR神戸線土山駅。2号線沿いでお車、バイク、自転車でのお越しも便利です。駐車場11台あり。

お車でお越しの方
第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方
JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方
JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top