加古川アップル歯科HOME > 加古川アップル歯科の痛みの少ない治療

加古川アップル歯科の痛みの少ない治療

無痛治療

「痛みの少ない治療」、一般的には「無痛治療」とも呼ばれますが、当院では極力その呼び方を控えています。というのも、実際に痛みを100%抑え、無痛にすることは全身麻酔下で治療する他ないとも言えるためです。ただし、痛みを抑える方法は、意識がある中でもいくつもの方法があります。 アップル歯科では限りなく無痛に近づけるよう、痛みを抑える取り組みをいくつも取り入れた治療を行なっています。


無痛治療への取り組み

表面麻酔により注射の痛みを和らげます

無痛治療

「痛みを感じない」ようにする一番の方法は「麻酔」です。ここでいう麻酔は歯科でいう「局所麻酔」というわれる注射による麻酔で、基本的にこの麻酔が効いていれば、治療中の痛みを感じる事はほとんどなくなります。 しかし、この「局所麻酔」自体が苦手という方は少なくなく、たくさんの方がこの麻酔を嫌がられ、結果治療に来なくなる事もあるのが現状です。 アップル歯科では、この「局所麻酔」を打つ瞬間から痛みを感じないように「表面麻酔」を注射する部位に塗布してから行います。これにより、注射針を刺す時の痛みが感じにくくなるので、麻酔針の痛みが苦手な方もご安心下さい。


細い麻酔針による痛みの緩和

無痛治療

表面麻酔を塗ったからといって、針を刺す痛みが全くなくなるわけではありません。もちろんほとんど感じない方もいらっしゃれば、チクッとする感じを受ける方もいらっしゃいます。 そこでさらに痛みを感じなくするためにアップル歯科では針を33ゲージという非常に細いものを作っています。33ゲージの針は、糖尿病の患者さんが自身で注射を打たれる際に、痛みを和らげるために使われるような極細の針です。 針先はわずか0.2mmで、痛みと怖さを和らげてくれます。


痛みを感じにくくするための歯科医師のテクニック

無痛治療

麻酔において一番大切なのは、歯科医師の技術です。アップル歯科のドクターは、入職からこの技術を習得するまでは治療に携わる事ができないシステムになっています。 そのテクニックを簡単に説明すると、頬粘膜(唇)を引っ張り針を打ち、振動させながら薬液を注入します。そうすることで、以下の効果が期待できます。

  • 1.痛点(痛みを感じるポイント)を引っ張って広げる事で、針を刺す事によって生じる面積が広がり、痛みを感じるポイントを小さくする。
  • 2.頬粘膜(唇)を引っ張ることで触覚がそちらに集中し、針を刺す痛みを紛らわす。
  • 3.頬粘膜を振動させることにより、触覚が紛らわされ、痛みを感じにくくする。
  • 4.頬粘膜を振動させることで早く深く麻酔が浸透し、効きが早く・強くなる。

すべてがその通りに行くとは限りませんが、こうすることにより、麻酔の痛みは普通に打つよりも遥かに痛くなく、良く効くようになります。


痛みを和らげる器具や機器の導入

無痛治療

痛くない麻酔は、歯科医師の麻酔の技術はもちろんですが、麻酔の場所や患者様によっては、それを補う機器を使う事もございます。

  • バイブラジェクト …注射器に振動を与え、針を刺し、薬を注入するときの痛みを和らげます。
  • カートリッジウォーマーカプリ …麻酔薬を体温と同じぐらいの温度で保つことにより注入時の痛みを和らげます。
  • カートリーエース・プロ …麻酔薬を一定の速度で浸潤させることで、痛みを感じにくくする


この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-942-4185から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約
第一回加古川アップル歯科XmasParty2017 加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ