静脈内鎮静法について

HOME > 自由診療 > 短期集中歯科治療 > 静脈内鎮静法について

静脈内鎮静法のメリット、デメリットとリスクについて

静脈鎮静のメリット

静脈内鎮静法は強く揺すったり大声で話しかけたりすると目がさめる程度の意識の状態で行います。自発呼吸が十分できるため人工呼吸を必要としません。そのため歯科治療を行うために必要な指示を患者様に伝えることが可能です。また本来は、有病者や障害のある患者様が安全に治療を受けるために考案された治療法なので安全性が高いです。そして薬剤を必要時に直ちに投与できるようにしているため緊急時には適切な対処が可能です。

その他に全身麻酔とは違い入院が必要なく日帰りでの処置が可能です。
下記の様な処置を行う際には鎮静を行うと歯科治療に伴う苦痛の低減が期待されます。

①治療時間が長時間に及ぶ場合

  • 大臼歯、多数歯の歯内療法
  • 多数歯の補綴治療
  • 多数歯の歯周初期治療
  • 短期集中治療

②より快適な治療を希望される場合

  • インプラント治療

③特に外科的治療が多い場合

  • 歯周外科
  • 再生療法
  • 抜歯
  • 歯根端切除
  • のう胞摘出
  • 骨整形

④歯科恐怖症の患者様の場合

  • 治療を楽に受けたい、治療が怖いトラウマがある
  • 口の中の注射がいや
  • 歯を削る音が怖い
  • 尖った器具が見られない
  • 治療中いつ痛くなるかと思うと耐えられない
  • 嘔吐反射が強く苦しい
  • 長く口を開けているのがつらい、じっと同じ姿勢を保つのが難しい
静脈鎮静のデメリット

外来で行う静脈内鎮静法は鎮痛作用のある薬剤を用いないため処置については局所麻酔を併用して痛みを抑えていきます。そのため高血圧の方など局所麻酔の使用できる量に限りのある方の場合はお行える処置の内容が減ってしまう場合があります。ですから、全身状況や治療内容については担当医と事前に相談していただく必要があります。

また、全身麻酔とは違って導尿が出来ないためトイレの時間を考えることと、局所麻酔の効果の時間が限られるため1回の鎮静で行う時間を管理する必要があります。しかし、その日の患者様の全身状態のチェックや必要器材、薬剤の準備のため治療開始前に30分、また、術後の患者様の回復を待つ必要があるため終了後30分程度必要です。そのため、処置当日は時間がかかってしまいます。

終了後は2時間程度ふらつきや眠気が続くので、車、バイク、自転車の運転は控えていただき、できれば付き添いの方とお帰りいただきます。

静脈鎮静のリスク

経験豊富な歯科麻酔科医が心電図、血圧、脈拍、呼吸状態、意識レベル等をモニタリングしながら行い、緊急時は適正な処置を行っていきますが、静脈鎮静麻酔にも下記のようなリスクがあります。

  • 他科の治療薬によっては、静脈内鎮静法ができない可能性があります。服用中のお薬があれば主治医にお伝えいただき、服用は指示どおりにお願い致します。
  • 沈静化で嘔吐される危険性があります。嘔吐物が気管等に入ることも考えられますので、治療前はお食事に制限が必要となります。
  • 静脈鎮静中はトイレに行くことができない可能性があります。治療の前にトイレを済ませておいてください。
  • 呼吸や循環系に変動をきたすことがあります。
  • 患者様自身にコンデションを整えていただく必要があります。

加古川アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

最寄り駅はJR神戸線土山駅。2号線沿いでお車、バイク、自転車でのお越しも便利です。駐車場11台あり。

お車でお越しの方
第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方
JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方
JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top