加古川アップル歯科HOME > 下顎のラミネートベニアによる審美回復

下顎のラミネートベニアによる審美回復

Y.Y様 50代 女性

下顎の前歯が痛むということでご来院された患者様です。検査の結果空隙(隙間)のプラークコントロール不足による歯周病が原因でした。空隙歯列の特徴の一つとして上げられるのが歯周病のリスクが高いことで、隙間が多いために歯に食べかすがたまりやすく、歯周病になりやすいことがあります。カウンセリングの結果、歯周病と虫歯の治療に加えて、空隙歯列の改善を望まれました。

Before

before

空隙歯列の治療法として矯正治療と補綴治療が考えられます。補綴治療でも軽度であればラミネート、重度であれば被せ物になりますが、歯科医師としては極力健康な歯を削るのは本位ではないため、出来る限り歯を削らない治療を検討していきます。 今回の場合、補綴治療でも歯を削る量が少なくすむ、ラミネートベニアによる治療計画を立てていきました。

Process

after

After

after

ラミネートベニアは、審美的な改善のために使用されることの多い治療法のため、上顎の前歯の治療に多く使われる治療法です。しかし、空隙歯列の治療に関しては、歯の隙間を埋めるという役割を担いながら審美的な改善も兼ねたコストパフォーマンスの高い治療になりえたと思います。

Before

After

before
after

最終的には4本のラミネートベニアで綺麗に空隙が埋まりました。今回の治療で患者様の歯科に対する意識が高くなり、日に日にプラークのセルフコントロールが上手になって行かれる姿にこちらが関心させられました。 今後は一緒にこの現在のキレイな口腔内環境を一緒に保っていけるよう、末永く歯のホームドクターとしてお付き合いできればと思います。



加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~19:00
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ