加古川アップル歯科HOME > 当院のお水は薬品を使っていないキレイなお水

当院のお水は薬品を使っていないキレイなお水

当院のお水は、薬品を使っていないキレイなお水

当院で治療・うがいに使う水は薬品を使わないDr.Nanoを導入しています。

薬品を使わないDr.Nano

歯科医院の診療台に流れるお水は、一般的な水道水です。水道水は塩素による消毒をされ、そのまま蛇口からも飲める安全な水と言われています。 しかし、そのお水は患者様のお口に入る前に、診療台の配管内を通ったり、停滞しています。その中には微量の菌が存在し、放っておくとそれらが集まり、バイオフィルムという菌の固まりができてしまうのです。ですから歯科医院は配管内を清潔に保っていなければ治療中にお口に入る水の中には細菌の繁殖した水が使うことになってしまいます。


バイオフィルム

人間の身体には通常100兆個を超える常在菌という細菌がいますので、多少の菌が口の中に入ったり飲み込んだりしても、身体を壊すようなことは滅多にあることではありません。 しかし、歯科医院で治療の際に使う水が細菌に汚染されていると、患部や傷口にその水がかかることになります。患部に細菌が入り込むと、傷の回復の妨げになったり、感染を起こして炎症が起きることも考えられます。


歯科医院で治療に使う水

歯科医院での治療で使う水と言えば、一番に思い浮かぶのはコップに入ったうがい用の水を想像されるのではないでしょうか?しかし、実際には歯を削るタービンという機械を使う時、スケーラーという歯石を取る道具を使う時、治療した部位を洗浄する時にも使われています。実は皆さんが想像している以上に水を要する治療なのです。だからこそ歯科医院で使われる水は清潔に保たれる必要があるのです。 通常、歯科医院では配管を定期的に洗浄しています。しかしこれだけでは洗浄後の水はキレイになっても、洗浄直前の水は汚れていたり、こびりついたバイオフィルが残った状態も考えられます。


健康にも環境にも配慮したお水

加古川アップル歯科の治療に使われる水は、Dr.Nanoという超微細な空気の泡によって、バイオフィルムの繁殖を防ぐ技術を導入しています。 泡の原料は水道水と空気のみですから、健康にも環境にも配慮したお水です。 うがいや洗浄時のお水に含まれる細菌で治療の精度を下げることなく、お水の衛生面で気になる方も安心して治療にのぞんで頂ける環境を整えています。




この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-942-4185から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約
加古川市の歯医者 アップル歯科HOMEへ
加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~18:45
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科 プレミアムフライデー
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ