加古川アップル歯科HOME > All-on-4(全ての歯を失った方向け)

All-on-4(全ての歯を失った方向け)

オールオンフォーとは

インプラント治療は、保険の効かない自由診療です。多くの歯を失った方(失う方)にとって、必要な本数分のインプラントを行なおうと思うと、費用面が障害となる方も少なくありません。

また、インプラント治療を行うには、充分な骨量を必要とします。しかし義歯(入れ歯)での生活が長かった方や、歯周病が進行した方などは、骨の吸収も進んでいることも多く、骨の移植や骨造成などが必要な場合が多くあります。

All-on-4は4本(上顎は6本)のインプラントに全ての歯を並べる治療です。全ての歯をインプラントによって治療するよりもコストを抑えることが可能で、骨が少ないところを避けることによって、骨が少ない・薄い方でも治療が可能になるインプラントを使った治療法です。

All-on-4は、総入れ歯が合わない方、歯周病で多くの歯を失った方に有効な治療です。


オールオンフォーのメリット目でメリット

メリット

  • ・フルマウスインプラント治療よりコストを抑えた全額治療が可能
  • ・フルマウスインプラント治療より大幅に期間を抑えることができる
  • ・手術後すぐに仮歯が入り、食事も可能(内容に限りはあります)
  • ・口元に貼りが戻り審美的な回復を望めます
  • ・骨が少ない方も治療可能な場合が多い
  • ・日常のセルフケアが歯ブラシでできる

デメリット

  • ・外科的治療が必要になる
  • ・保険が効かない自由診療のためコストがかかる
  • ・治療終了後はメインテナンスが必要
  • ・フルマウスインプラント治療に比べて使用感は劣る
  • ・上部構造と歯肉の間に食べ物が詰まることがある

All-on-4の費用

オールオンフォーの費用について

そんな場合に加古川アップル歯科がご提案できる治療法として、All-on-4というものがあります。All-on-4(オールオンフォー)は4本(上顎の場合6本)のインプラントに全ての歯を並べる治療法です。

この治療法であれば片顎14本を全てインプラント治療を行うより、費用的に抑えられるだけでなく、多少骨が少ない方や他院で断られた方でも治療を受けることが出来ます。


All-on-4の期間

オールオンフォーの期間について

ll-on-4の治療の期間は3〜6ヶ月と通常のインプラントと変わりません。治療回数としては最短7回、場合によっては1歯のインプラントよりも早く終わることもあります。

手術後すぐに仮歯が入りますので、歯がまったくない期間がほとんどなく、朝に手術をすれば夕方には仮歯をして帰宅していただくことが可能です。


All-on-4の手術と麻酔について

オールオンフォーの手術と麻酔について

All-on-4の手術は、通常歯科麻酔医を呼んでの静脈内鎮静術という麻酔の下で行います。静脈内鎮静術は全身麻酔と異なり意識が全くなくなるわけではありません。ですから歯科医とコミュニケーション(口の開け閉めや痛みの確認など)を取りながら治療を行いますが、健忘効果により治療中のことは覚えていないことがほとんどとなります。ですから、手術時の恐怖がトラウマになったり、不安を感じたりすることもほとんどありません。

例外的に術中の記憶が残る方も稀におられますが、鎮静麻酔とともに局所麻酔を併用しますので、痛み対する心配も必要ありません。
手術はおよそ半日で終わり入院の必要はありません。術後はリカバリールームでお休み頂いてから夕方頃仮歯をセットしてお帰りいただきます。ご自宅が近い方などは、夕方まで一時帰宅いただくことも可能です。


All-on-4の使用感

オールオンフォーの使用感

All-on-4は歯ぐきの形の床をインプラントで固定し、その上に歯を並べる方法です。入れ歯に比べて床と言われる口腔粘膜と接触する部分が少ないため、異物感が少ないことで喜ばれています。 また、固定式で動揺もないことから、食事も快適に摂れるようになり、心身の健康にも繋がります。ただ、天然の歯や単体のインプラントと比べて、歯ぐき部分も人工物となるため、使用感はやや劣るところは否めません。 人により個人差はありますが、患者様には天然歯+インプラント以下、精密義歯以上の使用感と例えることがあります。


All-on-4の治療ステップ

Step1 精密検査・カウンセリング・歯周治療

パノラマ・セファロ・CT・模型・口腔内写真などあらゆる資料を採取し、それを元に治療計画をカウンセリングを通じて相談していきます。空きがあれば当日に歯周治療(歯石・プラークの除去)まで行い、治療に備えて歯肉と菌の数を調整していきます。

Step2 手術

手術前後の注意点をお話して上で手術となります。食事は4時間前、飲料水は2時間前までに済ませていただきます。手術時間は2〜4時間程度、歯科麻酔医による静脈鎮静麻酔でコントロールしながら行います。術後数時間リカバリールームにてお休みいただき、仮歯をセットして終了です。入院の必要はありあません。

Step3 消毒

手術の翌日、消毒と仮歯の咬み合わせ調整を行います。しばらくは奥歯で噛まさず、前歯で噛むように調整します。

Step4 抜糸

手術後7〜10日程度で抜糸となります。この際も咬み合わせに問題があれば調整可能です。

Step5 咬合床

ろう堤という歯を並べる歯肉部分の高さや歯を並べる位置を決めていきます。

Step6 配列

実際に歯を並べる位置と咬み合わせを調整しながら決めていきます。

Step7 ファイナル

最終的な上部構造(歯の部分)を口腔内にセットして治療終了です。以降は3ヶ月に1回のメインテナンスにお越しいただきます。



この記事が気になったら【簡単WEB予約を開く】

簡単WEB予約

別ウィンドウで予約サイトが開きます。入力時間約5分以内。ご予約後に078-942-4185から確認のお電話をさせて頂くこともあります。

予約
加古川市の歯医者 アップル歯科HOMEへ
加古川アップル歯科へのお問い合わせ 加古川アップル歯科の治療例 写真でわかる症例集 治療実績 症例写真

診療カレンダー

診療時間
月・火・木・金:9:30~18:45
水:9:30~13:00
土:9:30~17:00

所在地
加古川市平岡町土山909-33
電話番号
078-942-4185(ヨイハGO!)
※完全予約制

加古川市と加古川アップル歯科 プレミアムフライデー
院長 粟谷英信からのご挨拶 理事長 吉見哲朗からのご挨拶
加古川アップル歯科のスタッフブログ アップル通信 ペッパー フェイスブックページ 加古川アップル歯科の求人情報 医療法人社団アップル歯科クリニックの求人情報

このページのトップへ