矯正と補綴による前歯の修復

HOME > 症例 > 矯正と補綴による前歯の修復

マルチブラケットによる歯列矯正の症例

前歯の治療をご希望され、来院された患者様です。前歯のかけ、黒ずみが気になられておられたそうです。もちろん、形や色のみの治療も可能ですが、やや前突感があり叢生もありましたので矯正で歯並びを整えてから補綴治療を行うことになりました。

Before

悪くなったのは前歯であっても、その前歯を悪くしてしまう原因が咬み合わせであったり、綺麗な前歯を入れても歯並びのせいでキレイに見えなかったりすることもあります。加古川アップル歯科ではカウンセリングにて患者様とご相談の上、患者様の要望と我々歯科医師の意見を擦り合わせながら治療のゴールを探していきます。

上あごの前突と、下あごに叢生が見られました。そのため咬み合わせにも問題が生じ、奥歯を中心に悪くなってきているのがわかります。

Process

まずは矯正装置によって歯並びを整えていきます。抜歯を伴いますが、しっかりとした咬み合わせを作っていくことが長期的に歯を保つために有効となります。

After

矯正というと若い方がされる治療と思われがちですが、近年では40代から矯正を始める方は少なくありません。見た目ももちろんよくなりますが、60歳以降に健康な歯を残すためにも咬み合わせを整えることは重要になります。

Before

Process

After

矯正治療終了後、柱となる奥歯から咬み合わせ整え、最後に前歯の治療となります。

Before

After

最後に新しい補綴が入り、しっかり咬み合わせも整いました。 矯正を含めた治療は、見た目のメリット以上に、将来的なお口の健康のために良い結果をもたらしてくれます。 今後はこの状態を長くキープできるよう、担当医として予防に努めていきます。

治療の内容 マルチブラケット矯正・セラミック補綴
期間・回数 10ヶ月・9回(カウンセリング・検査含む)
費用 マルチブラケット(クリア)+セラミッククラウン✕4歯+セラミックインレー+ダイレクトボンディング 総額 1,305,000円+税(調整料24回分含む)
リスク・副作用
  • 歯磨きがわるい場合には、虫歯や歯肉炎が進行することがあります。
  • 顎関節が弱い方の場合、関節異常が出ることがあります。矯正治療中顎の関節に音がする、痛くなる、口が開きにくくなる、といったような症状が出た場合には直にお知らせください。その場合は顎関節症の治療をすることがあります。長期の矯正治療により歯根吸収が生じる恐れがあります。
  • 歯ぐきや歯槽骨が多少やせることがあります。そのため、術前の状態より歯肉が退縮し、隙間ができることがあります。
  • 体質により金属アレルギーを引き起こす事があります。
  • 治療後、知覚過敏や痛みなどが出たり、吸収された骨が再生しなくなることがあります。
  • 歯肉が退縮して歯が長く見えたり、歯と歯の隙間が広くなったりすることもあります。
タグ: , ,

矯正と補綴による前歯の修復 | 公開日: 2018/01/19 | 更新日: 2020/03/10 | by 加古川アップル歯科

あなたにオススメの関連記事

加古川アップル歯科

友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 13:00 18:30 18:30 17:00

診療情報

休診日:日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

最寄り駅はJR神戸線土山駅。2号線沿いでお車、バイク、自転車でのお越しも便利です。駐車場11台あり。

お車でお越しの方
第二神明道路明石西I.Cより車で12分(2号線西へ1.9km程度)
バスでお越しの方
JR神戸線 加古川駅、土山駅より「城の宮」バス停すぐ
電車でお越しの方
JR神戸線 土山駅より徒歩15分(2号線西へ1.2km程度)

グループ医院のご紹介

3つのアップル歯科

明石アップル歯科

明石アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 TOPに戻る

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2018 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top